一日一善ならぬ一日一幸。人生の旅の道中。気の向くままに進み、気の向くままに曲がり、気の向くままに立ち止まる。そんな道中一日何個の幸せと回り逢えるかね。楽しみにしながら旅します。そんなオレの旅日記。


by takeo-k.7
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

旅を終えて

旅に出て 何かが変わったかというと ピンとこない。

ただ 大切なことに気づかせてくれた。




どんな出会いが待ち受けているのか

不安と楽しみを抱きながら出発した2007.4.9。

出発してみれば不安を消し去るかのように連日色んな出会いがあった。

色んなヒトとの会話が楽しくて楽しくて仕方がなかった。




そんな日々を思い返しながら過ごしていた10月のある日。


大切なことに気づいた。




色んなヒトと話しをして 色んなことを知ることが 面白く 

もっともっと 色んなヒトと 話しがしたい。

もっともっと 色んなヒトと。


そしてもっと幸せになりたい。


自分を幸せにするために 自分を大切にする。

自分を幸せにするために ヒトを大切にする。

ヒトを大切にするために 自分を大切にする。

自分を大切にするために 家族を大切にする。 



家族 を 大切に・・・する。


そう 俺は 家族を全然大切にしていなかった。



中学校以来か 家族全員それぞれ帰宅時間もバラバラで

一緒にテーブルを囲むこともほとんどなかった。

会話するにしてもさびしいことに事務的なことしかほとんどしゃべらなかった。



一番大切にすべき家族を 一番大切にしていなかった。

灯台下暗しではないが 何か軽んじていた部分があった。

そのことは前々からうすうす感じてはいたけれども きっかけが無かった。


今思えば そのきっかけの為に 今回の旅があったのかもしれない。





両親共に健在な内に このことに気づけて幸せに思う。

そんな幸せな気持ちのきっかけになったのは言うまでも無く

今まで出逢ったヒト達です。

心から感謝してます。 どうもありがとう。




気づいてから ちょっと時間が経ってしまったけど ようやく本日

親父とサシで飲みに行く機会が出来ました。

久方ぶりの親父とのサシでの会話。

どんなものになるのか ちょっとドキドキですが 楽しんでこようと思います。
[PR]
by takeo-k.7 | 2007-10-29 02:50